「酒粕と仲良くなる薬膳ごはん会」始めます→6/13おかげさまで定員になりました!

鳥取市のひなびた温泉街(吉岡温泉町)にはとっても居心地のいい隠れ家空間、アトリエda-naさんがあります。

そして、このアトリエda-naを主宰されている古田なおさんが、またとってもオープンハートな気持ちのいい女性でして。なんだか意気投合して、7月2日(日)に、アトリエda-naさんで初めての「酒粕と仲良くなる薬膳ごはん会」を開くことになりました。

この会をやってみようと思ったきっかけは、以前、とあるお店で当蔵の熟成純米酒粕「無垢」の試食販売をする機会を頂いた際に、「酒粕」と聞いただけで「私、酒粕は苦手だから!」と強い拒否反応を示されるお客さまのお顔を見て、一言で酒粕といってもいろいろなものがあるという事実をまずは知っていただくことが大事だなと感じたからです。

酒粕も日本酒も、最初にどんなものに出会ったかで、イメージが決まってしまいがち。私も昔は酒粕が苦手だったので気持ちはわかるのですが、固定観念が強過ぎても、新しい出会いのチャンスを逃してしまって、ちょっともったいない気もします。

当日は、酒粕が出来るまでのプロセスや、酒粕の効能、おいしい酒粕を見分ける方法などをお話するほか、実際に参加してくださったみなさんと酒粕と季節の食材を使ったお料理2品を作って、みんなで食べる楽しい会にしたいと思っています。

酒粕は冬場だけ活躍する食材ではありません。

夏野菜のトマトなどともとっても相性が良い、一年を通して使える発酵調味料なんですよ。ぜひ、当日は一緒に手を動かしながらいろいろ実験してみましょう。

久しぶりの「食の会」でドキドキしておりますが、みなさまのご参加を心よりお待ちしております。お申し込みは、アトリエda-naさんまでお願いいたします。

(リクエストがあったのでこれまで私がずっとやってきた「薬膳」についてもお話しようと思っています。薬膳といっても特殊な食材を使うわけではなく、薬膳の知恵を活かしたふだんの食材で出来る簡単な家庭料理ですので、どうぞどうぞ気楽な気持ちでいらしてくださいませ)

 

酒粕と仲良くなる薬膳ごはん会

◎日時 7月2日(日)10:00〜14:00

◎場所 アトリエda-na(鳥取市吉岡温泉町)

◎定員 6名(3名以上で開催)

◎参加費3500yen(持ち帰り酒粕「無垢」付き)

◎連絡先 09068307050 古田(messengerでのご予約も可能)

※食材の準備がありますのでキャンセルの受付は3日前までと致します。

                   (食と酒の実験室 山根明子)

 

※追伸/6月13日、ご予約がいっぱいになりましたので、締切らせていただきました。早々のご予約、ありがとうございました!